有名なハラール観光の国8つを紹介しましょう

多くの国でムスリムの観光客の訪問数が増加しているため、ハラール観光も進んでます。Republikaニュースに基づいて、有名なハラール観光の国8つをします しょう しましょう。
1.マレーシア
ムスリム人口:60%
一番優しハラール観光ができる国と言われているのがマレーシアです。マレーシアは、シャリアホテル、民族の多様性、歴史的遺産、ハラール食を堪能できるのです。家族と旅行に行くのに最適な、リゾート地と自然があり、美しい風景も楽しめます。クアラルンプール、マレーシアボルネオ、ペナン、タマン・ネガラ、キャメロンハイランド、マラッカ、ランカウイのように魅力的な場所がよく訪問されています。

しましょう
2.トルコ
ムスリム人口 :98%
歴代のトルコ王国やムスリムトルコなどの伝統的な文化が魅力的な国です。トプカピ宮殿、ボスポラス海峡、スルタンアフメットモスク、カッパドキアとアナトリアといったスポットに多くの旅行者が訪れます。
3.インドネシア
ムスリム人口:87,2%
インドネシアは何と言ってもハラール食が豊富です。史跡や美しい自然もムスリム向けで、訪れやすい国の一つです。
白い砂浜にある17,500もの島があります。その景観は多種多様。そう、インドネシアは世界最大の離島を持つ国でもあるのです。
ジャカルタ、ジョグジャカルタなどには多くの観光客がやってきます。バンドンやスラバヤへの訪問者も増えつつあります。
4.モロッコ
ムスリム人口:99%
人口の大半がイスラム教徒であるために、いろいろな美味しいハラール食が楽しめます。また、リゾート、シャリアホテルなども提供しています。マラケシュには、最高級のハラル 認証リゾートがいくつかもあることでも知られています。ハッサン2モスクはカサブランカにある世界で二番目に大きなモスクです。
5.エジプト
ムスリム人口:94,7%
エジプトはハラール観光で有名な北アフリカの国です。文化・歴史だけに留まらず、ラクダに乗ったり、ニール川をヨットで遊覧しながら晩餐できたりします。そんな心踊るような体験ができる国、それがエジプトです。
カイロや寺院でのピラミッドとスフィンクスやルクソール辺り家族と食べられます。
6.スペイン
ムスリム人口:50%
スペインには多くのハラールレストランがあります。ヨーロッパ大陸に位置しているこの国は、アブ・バクルのモスクとして知られている『マドリード中央モスク』や『アルハンブラ宮殿』などイスラム的なモスポットがあります。そのほかにもコルドバの大モスク、アルカサル王宮、ヴィアナ宮殿、マディナアルザーラなどが著名です。
7。ヨルダン
ムスリム人口:97,2%
ヨルダンは赤い砂で知られています。そびえ立つ崖、大岩がある火山の玄武岩台地、ペトラとジェラシュの史跡、オリーブの木々も良いスポットです。その他に魅力的な場所はアカバ、アンマン、イルビド、ジェラシュとアジュルン、マティ海の浮力海とワディラムの広大な砂漠です。
8.マルタ
ムスリム人口:2%
ヨーロッパで有名なハラール観光ができる国の一つです。夏季には多くの観光客が訪れる小さな島のメディテラニアに位置しています。バレッタ(イブコタマルタ)、オールドミディーナ、ゴールデンベイ、パンタイブルーラグーンダンイスラムセンターマルタなども興味深いスポットです。

ハラール観光のでくる8つの国の中で、あなたはどこに行きたいですか?

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *